バングラデシュの公立大学と研究開発プロジェクトをスタート

株式会社オルトデザインオフィス(東京都渋谷区/タイ王国バンコク都)では、
バングラデシュの公立大学Begum Rokeya大学 Rangpurとの研究開発プロジェクトをスタートいたしました。 

弊社では、コンピューターサイエンス・エンジニア学科長を務めるMd Mizanur Rahoman教授および、
その学生(約15名)、2名の日本人データサイエンティスト・機械学習エンジニアに加え、

マレーシア国際イスラム大学 社会・人類学部にて教鞭をとる‪Dr. Sohela Mustari准教授を招き、
「WEBアクセシビリティの向上を念頭に入れた、AI技術の活用による学習支援」に関する研究会を月に4回開催しています。

*Md Mizanur Rahoman准教授は国立情報学研究所より機械学習、
データサイエンス分野にて博士号を取得後、IBMリサーチを経て、
現在はバングラデシュにおけるAI教育の発展を支えています。

また、日本におけるWEBアクセシビリティ向上の発展の一翼を担うべく、
バングラデシュの大学および日本のシステム開発企業とチームを組成し、
日本市場向けのプロダクト開発を進めています。 

今後の弊社の動きに、ぜひ注目いただけますと幸いです。